見出し画像

スポーツに熱狂する人を1人でも多く増やしたい:社長直下の学生インターンから見たスポクラ

こんにちは。
広報の坂本です。

今回は社内のアイドル・・・
学生インターンの池田さんにインタビュー!

彼女はスポクラTVの企画、制作、運営など
幅広く担当してくれています。

彼女の紹介となると #スポクラTV の名残で
「どうもスポクラTVです(いえい)」
ってやりたくなります。
(なんだそれって方はこちらをご覧ください🥺)

自己紹介:本場アメリカでスポーツを体感するほどスポーツを愛する女子大学生!

iOS の画像 (1)

池田 明里/学生インターン

大学はスポーツビジネスを専攻。
半年間アメリカ・ロサンゼルスへ行き、
現地でスポーツの本場を体感。

幼い頃からスポーツ中心の生活を送っており、
本人は10年間テニスをしていた。

スポーツ以外には旅行やカフェ巡り、
モッパンを見るのが好き。

坂本:
なぜスポーツビジネスを選んだんですか? 

池田:
スポーツに力をもらって生きてきたから!というと大袈裟ですが、私の家族がスポーツ一家で、赤ちゃんの頃から3人の兄の柔道の試合を応援に行くのが日常でした。試合に向けて血の滲むような練習をする兄達を見てきていたので、実際に兄達が活躍する姿や観客のどよめく瞬間に立ち会った時、凄まじいパワーをもらったんですよね。その感動って今でも鮮明に覚えていて…そこからスポーツの虜になってしまい、私もスポーツを広めることで多くの人の原動力を生み出したいと思うようになりました。その思いが、今のスポクラでの活動の原動力にもなっています。

なぜスポクラを選んだの?

坂本:
インターンしようと思ったきっかけを
教えてください!!!


池田:
学生のうちに長期インターンをしたい
という思いはずっとありました。

就活の前に実際に働いてみることで
どんな仕事が向いているか、好きなのか、
それを確かめたかったんです。

その中でもスポーツに携わりたいと思い、
探していく中で代表の石川さんと知り合いました。

チームで何かを作り出す経験をしたかった
というのもあって少人数で1チームとして
走っている「スポクラ」を選びました。

坂本:
なぜスポクラを選んだのか覚えてます?

池田:
もちろんです!理由は4つあって…

坂本:
ちゃんと理由あるね~w

池田:
ありますよ!!!笑
話させてください!笑

坂本:
ごめんごめんw
どうぞ~お願いします~!!!(笑)

池田:
やりにくいな~(笑)
えーと、その4つというのは…

①スポーツの力で熱狂を生み出すという
 ビジョンに共感した
②自社のプロダクトを持っているため
 0→1が体感しやすい
③ファンタジースポーツに可能性を感じた
④チームの雰囲気が好き

です!!!!

画像3

スポクラの魅力は?

坂本:
あかりから見たスポクラの魅力は何ですか?

池田:
魅力は色々ありますけど…
しっかりまとめてきました!

坂本:
さすが!できる子!!!!(笑)

池田:
一つ目は
「社長含むあらゆる役職のメンバーと協力できる」

経営陣やエンジニア、デザイナーなど全てのメンバーとの距離が近く、サポートやアドバイスを受けることができます。そのため、自分の業務にとどまらずビジネスについての考えを聞いたりそれぞれの専門性を間近で見れるのは学生の私にとってすごくありがたく、刺激的です。
おかげで私は働くことに対する視野が広がり、自分が本当にやりたいことへの解像度が上がりました。また、平均年齢26.5歳とメンバー同士世代が近いこともあり、ポジションや年齢に関係なく意見を交換しあえるフラットな職場です!

坂本:
模範解答のような答えをありがとう(笑)
我々のチームからしたら当たり前なことだけど
全メンバーから直接意見を聞ける環境は貴重だよね。
社長から1on1で動画編集のノウハウ全部教わるって
なかなかないもんね笑

池田:
ホントそうですよね(笑)

魅力二つ目は
「大きな裁量権を与えられる」

「与えられた仕事を全うする」と言うよりは「自分で考えたことを形にする」という風土なので、やりたいことをやらせてもらえる環境があることはすごくありがたいです。
裁量権が大きい分アウトプットに対する責任も大きくなりますが、いい緊張感を持ちながら実践的な経験を積むことができる。そう考えるようにしています。
社風として「チャレンジすることを尊重し、失敗はみんなで乗り越える」という文化があることにも背中を押してもらって、いろんなことに挑戦できています。

そして最後の三つ目は
「スポーツやゲームを通じて仲良くなれる」

ファンタジースポーツを扱っているため、やはりスポーツやゲーム好きのメンバーも多いです。みんなでフットサルをしたり試合観戦をしたり、共通のスキがあることで深く仲良くなれた気がします!
私もスポーツ観戦は大好きです!!!

iOS の画像 (2)

ツライ…と感じることは?

坂本:
魅力を語ってもらった後であれですが…
インターンをしててツライと思うことも
あると思うんですよね…(絶対あるでしょ?笑)

具体的にどんな時にツライと感じますか?

池田:
もちろんそれはありますよ~笑

実際にやってみて思うのはめちゃめちゃ地味な作業が多いということでした。YouTube運営というと一見華やかに見えるかもしれませんが、実際はPCに向かって黙々と編集している時間がほとんどです。
始めた当初は1日6時間編集することもザラにあったので、編集未経験で飛び込んだ私にとってはそれがしんどかったです。今流行りのYouTuberさん達や毎日投稿してる方々のチャンネルを何気ない気持ちで見ていましたが、作る立場になって初めて毎日投稿の大変さや凄さを実感しました。笑
確かに地味な作業ではあるものの、自分自身で試行錯誤して作り上げた動画を見てくださる方がいると本当に頑張って良かったなと感じます。中でも視聴者さんから意見やコメントをもらった時は嬉しくて…達成感は爆上がりです!もっと頑張る!ってなります!笑

坂本:
大変さがやりがいにもつながっているわけね…!


新メンバーに求めるものは?

坂本:
新しく来る学生に求めるものを聞かれたらなんて答えます?

池田:
「自分の力で走ること」ですかね。
スポクラは、やりたいと思ったこと・必要だと思ったことは学生インターン生の意見でも積極的に取り入れてくれます。逆に、仕事が勝手に降ってくることは無いので自分で仕事を見つけに行かないと前に進めません。自分で考えて、チャレンジできる人が輝ける場所だと思います。

坂本:
それは、本当にその通りだね。
受け身タイプだと少し大変なこともあるかも。

池田:
もちろん、助けを求めたらみんな優しく手を差し伸べてくれます。ただ、何事にも主体性をもって行動できること、結果を自責で考えられること、この2つはすごく重要な気がします。

最後に今後の目標を教えてください!

坂本:
最後なのでかっこよく締めてくださいね!(笑)

池田:
プレッシャーすご!(笑)

【スポクラを通じてスポーツに熱狂する人を1人でも多く増やすこと】が目標です。これは、スポクラに入ろうと思ったきっかけであり、私のビジョンでもあるからです。
ちょっと熱くなってしまいましたが…PRという役割を担っている今、スポクラを広めることが私の仕事であり、プロダクトを作っているメンバーへの恩返しだと思って取り組んでいます。

残り少しのインターン生命?ですが、達成できるように頑張ります!


坂本:
池田さん、ありがとうございました!


14
Jリーグや野球での活躍選手を予想して賞金が貰えるゲーム『SPORTS CROWN』の公式アカウントです。 スポクラのリリース情報や業界動向情報・社内の様子などを発信しています。

こちらでもピックアップされています

広報ノート
広報ノート
  • 5本

国内最大級のファンタジースポーツ「スポクラ」を運営するSPORTS CROWNの社内の情報やメンバーの情報をお届けしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。